アルバイトや派遣社員が審査に落ちやすくなる理由

アルバイトや派遣社員というのは、一定の収入がるとはいえ、雇用関係は不安定であるとしか言えません。

そういった職業の方であっても審査に通過することはできますが、落ちやすい面もあります。

これらの方がキャッシングで落ちやすくなってしまう理由というのはいったい何なのでしょうか?そこを検証したいと思います。

1 総量規制に引っ掛かる。

 まず、年収が少ないと総量規制に引っ掛かる可能性があります。

総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れはできないというルールなのでありますが、

アルバイトや派遣社員だと年収が比較的少ないので借り入れ額が多すぎると借りれないようなケースがあります。

2 借入している会社が多い

 借入している会社が多いというのはアルバイトや派遣社員は厳しいとしか言えません。

ただでさえ年収が少ないにも関わらず、借り入れ件数が多いとなると借り入れは難しくなります。

正社員でも3件くらいあると厳しくなってくるといわれていますので、派遣やアルバイトの場合には

1件か多くても2件までに抑えておかなくてはならないといえます。

 後は、信用情報に事故歴があったりと通常の場合と変わらないのではないかといえます。

収入が少なくてもお金を借りることはできますが、件数や総量規制は気を付けておいた方がいいでしょう。