カードローンや目的ローンを利用するなら自動車の購入方法も注意!

カードローンやキャッシングローン、高額な融資を受けられる目的ローンは審査において信用度と返済能力が重要になります。特にカードローンや目的ローンは、クレジット会社や信販会社が保証委託先となっているため、月々のローン返済額を影響します。

ここで注意したいのは、短期間で高額な返済額となる自動車ローンです。自動車を購入される方は、銀行やディーラーのマイカーローンを利用するのが一般的です。しかしながら、残価設定型のローンは総返済額が少なくなると思いがちです。確かに、残価がある時点で乗り換えれば返済する金額は少なくなるものの、実際にはローン契約上、残価分を差し引かれていない金額が残高となります。残価設定型ローンをリース契約と勘違いしていることも少なくはありません。

そこで、将来的にカードローンや目的ローンを契約する事を考え、自動車の購入はリース契約とするのがおすすめになります。リース契約はあくまでリース会社に毎月の支払いをするものの、いつでも乗り換えが可能です。むしろ、キャッシングローン契約をする際、毎月の固定費を見直しやすくなります。自動車ローンの場合、見直しが行い難く売却したとしてもローン残債が残ることがあります。

もし、これから借り入れを検討する場合は、自動車購入方法から見直しする事をおすすめします。