キャッシングの審査での信用情報の役割

キャッシングには必ず審査がありますが、この審査では信用情報は重要になります。この信用情報とはこれまでのキャッシングやローン契約の利用状況が記録されているデータで、キャッシングやクレジットカード、その他のローンを使った記録のことです。

原則的に直近の5年分が保存されており、これによって現在他者やローンを利用していればそれが分かり、それぞれの限度額や残りの借り入れ残高、返済についてまで全てデータとして確認することができます。

キャッシングには総量規制という規定があり、全社を合計して年収の1/3が借りられる上限になりますが、この信用情報から現在の借り入れの合計額が算出できるので、この判断に信用情報が必要になるのです。

また、これまでにキャッシングやローンの返済を遅延したことがあるとその記録が残っている為、これも少なからず審査に影響を与えます。特に長期間の延滞に対しては厳しく判断されることになります。もし債務整理をしたことがあると、その記録がある間はキャッシングやローンは一切利用できません。

このようなことを確認する為に、キャッシングの審査では信用情報はとても大切な要素になります。いくら年収があったとしても、何度も返済を遅延しているようなルーズな人は思った通りの契約ができないかも知れません。

逆に、これまでにきちんと返済日を守って何の問題もなくキャッシングやローンを利用している人は信用できると判断され、多少その他の判断要素が物足りない場合でも審査を通過できることもあります。信用情報は文字通り、その人の信用を測る物差しなのです。