今までのキャッシングの歴史に関して

現在のキャッシングが始まった時というのは1960年代の団地金融とものから始まります。

団地金融という名前が付いたのは、当時は団地に住んでいることが一定のステータスであったので団地の人を中心に

お金を貸したことが始まりといわれています。

その後1970年代にはサラ金というみんながよく知っている名前になってきます。 

この時代はかなり金利が高かったため、返済ができない人が続出し、ひどい取り立ても増えたことから後のイメージの悪化につながったといわれています。

1980年代くらいになると消費者金融という現在が一般的になってきます。

まだこのころも金利面がかなり高く、この時期でも返済できる人が少なかったです。

1990年代になると無人契約機というものが出始めます。 1993年にアコムが初めて導入しました。

このころは、バブル崩壊もあってお金を借りる人が増えてきましたが、この時の消費者金融の金利は上限が40パーセントと

まだまだ金利面が多かったものです。 CMもこの時期から流れるようになり、多くのタレントさんが起用されました。

2000年代に入るとかなり金利面に規制が入ります。

貸金業法などの改正により、総量規制などが導入され上限金利も20%になりました。

過払い金関連もあって、消費者金融の淘汰も始まったのもこの時です。

昔に比べると現代ではかなり金利面で安全にはなっています。