失業や転職によって生活費が不足!キャッシングが利用出来るという説明には注意!

銀行や消費者金融のキャッシングローンは、急な纏まった出費に対応する際には現金が手元にない時は便利です。しかし、インターネット上で失業や転職により生活費が不足した場合にキャッシングを勧める紹介サイトやブログには注意が必要です。

そもそも、銀行や消費者金融のキャッシングローンは本人に安定した収入があることを条件としています。さらに勤続期間が短い場合は、融資リスクが高く、契約出来ないのが実態です。

そもそも、失業した場合は基本的には無収入となりキャッシングが利用できず、前の勤務先を記載することは詐欺や利用規約違反に問われることになります。

一方、転職した場合でも前職を記載することはできません。失業や転職により生活費が不足しそうな場合は、キャッシングに頼らないことが重要です。最悪の場合、強制解約により個人信用情報に異動履歴が記録され、キャッシングどころの問題ではなくなってしまいます。