多重債務者の行き着く先はクレジットカードの現金化

クレジットカードにはお金が借りられるキャッシング枠が付いています。お金に困った時に簡単に借りられるのがメリットです。しかし30~40万円が限度で、足りなくなったら金融機関のカードローンを利用するのが多重債務者への流れです。そして2社3社と借り入れ先が増えていき、結局新規の借り入れはできなくなります。

そのような方が行き着く先がクレジットカードの現金化です。現金化業者が指定する物品を購入し、買い取ってもらうふりをしてお金に替えるのがクレジットカードの現金化の手法です。一般的に換金率は80%前後と低いのですが、やむを得ず現金化するのです。

しかしやり過ぎるとカード会社からカードの利用停止処分を喰らいます。こうなれば後の祭りで、今後返済するしかない役に立たないカードに変わるのです。ですから現金化に手を出さずに、借金をまとめて1本化する方法を考えた方が有益です。