欲しい品物のためにカードローンやキャッシングを利用してはいけない

安易に借りられるというところから、当時、欲しい品物があり、クレジットカードのキャッシング枠から借入枠いっぱいまで借り、欲しい品物を入手しました。

店舗で商品を購入する際に、ローンを組んでもよかったのですが、簡単に借りれるキャッシングを選択しました。

キャッシングで借りた余ったお金は、返済に回さず、生活費に充てました。

キャッシングを利用して、欲しい商品を手に入れたのは良かったのですが、月々の返済はけっこうな出費になってしまいすこし厳しかったです。

リボルビング払いで、月の返済が10,000円の定額でしたので、利息を含め、返済が終了すまでに、5年かかりました。

借入枠いっぱいで借りた金額は500,000円でしたので、単純計算で5年で100,000円の利息を支払ったことになります。

のちに考えたら、5年で100,000円の利息はやはり高いなあと思いました。

助かったというよりも、返済が終わった時の安堵感のほうが大きかったです。

それからは、欲しい商品があっても、堅実にお金を貯めて、現金で購入しようと思いました。

アドバイスになるかどうかは分かりませんが、カードローンやキャッシングを利用する際には、ショッピングやよろくのお金が欲しいからと言って安易に借りるのではなく、今月は冠婚葬祭などで予期せぬ出費があり、月末に来て生活費が厳しくなった際など、どうしても必要になった時に、必要最小限の金額を借りるのが賢明かと思います。