キャッシング・カードローンそれぞれの持ち味を活かした借入れを

突然の出費を始め、10万円以内となる少額の借入れに大変便利な消費者金融のキャッシング。借入額自体が少なければ返済の負担も大変小さなものに収まるケースが多いのですが、それに加え、これらキャッシングのメリットとして忘れてはならないのが、借り入れ後30日までに全ての額を返済すれば利息が全く掛からないという、無利息期間の存在でしょう。

多くの消費者金融がキャッシングに関して30日間の無利息返済期間を設けています。少なくとも1ヶ月以内に全額返済の都合が付き、そのスケジュールで返済を実行出来る自信があれば、銀行系のカードローンよりもこれらキャッシングを選択し、なるべく早く返済を済ませた方がお得と言えます。

むしろ無利息返済期間内での返済が到底無理な条件、あるいは借入額となってしまうのであれば、その後の利息が高めで推移するキャッシングよりも、素直に銀行系のカードローンを選び、低めの利息の元リボルビング払いでマイペースでの完済を目指した方が、長い目で見れば負担も少なくお得なのです。

そもそも銀行系のカードローンは借入限度額にかなりの余裕があり、キャッシングよりも大きな額の借入れに利便性を発揮します。必要なお金の大小に応じて、最適な借金の方法を選択していきたいものです。