おまとめローンと借り換えローンについて

おまとめローンも借り換えローンも主たるメリットは金利が下がる可能性が高いことで総返済額が減るということになるでしょう。
おまとめローンは基本的には複数の金融機関からの複数の借入を一つにすることで、全体の金利を下げ、借入の管理を簡素化することにメリットがあります。
ただし、金額が大きくなることと多重債務者であるということから簡単には審査になかなか通らないというデメリットもあります。

借り換えローンの場合は、いま利用している借入よりも金利が低い金融ローンを利用することですから、借入すべてを一つにしなくても構いません。
金利の低い金融ローンの審査に通ってから、借り入れたお金で他の借入の繰り上げ返済することで金利負担を少なくすることができます。
審査に通らなければ利用しないということになります。
おまとめローンと借り換えローンのどちらがいいのかと言えば、借入状況や支払状況の借入条件などのよりますが、審査に通るという前提であるならば、やはりおまとめローンのメリットが多いと考えたほうがいいのでしょう。
借り換えローンではそれほど多くの利用限度額が設定されるとは考えられず、借り換えをいくつもしなければならない可能性が高くなるからです。