消費者金融の審査が通らなければ総量規制対象外の銀行へ

消費者金融で借入している人で新たに追加で借入を行いたい場合、利用している消費者金融の増額審査を受けるか新たに貸金業者を探すかになると思います。しかし、増額審査は利用実績や収入額に左右され審査通りにくかったり、新たに貸金業者を探しても総量規制の問題で審査が通りにくかったりします。そんな方にオススメなのが総量規制対象外の銀行でお金を借りる事です。

まず総量規制とは何なのか?

消費者金融やクレジットカードの信販会社からお金を借りる際に、消費者金融や信販会社の貸金業者は利用者の年収の1/3までしか貸付をする事が出来ないと法律で決められています。そして貸金業者1社で年収の1/3までではなく利用者が複数社から借入をしている場合、全ての貸金業者を合わせて年収の1/3までしか貸付が行うことが出来ません。

しかし銀行のカードローンでは総量規制対象外です。そのため、年収の1/3を超えて借入を行うことが出来ます。更に貸金業者と比べて、金利が安いので月々の返済が楽だというメリットもあります。総量規制が気になる人には銀行系カードローンの方がオススメです。

そんな総量規制対象外の銀行系カードローンは法律上では年収の1/3を超えて借入を行うことができます。しかし、返済能力あるか勿論審査があるため、中には審査が通らない人もいます。やはりお金を借りる前には借りすぎないように注意する、返済計画をきちんと考える必要性が重要になります。